機動戦士ガンダム サンダーボルト -あらすじ&感想-

~もう一つの一年戦争~


さて、ワタクシのような1970年代生まれ、つまり「1stガンダム世代」にとっては、ガンダムという単語は戦闘ロボットを指すと同時に「アムロとシャア」という二人の人物をも指す言葉であります。

プラチナエンド -あらすじ&感想-

”自由の翼”と
”愛の矢”と

天使の羽

~ 死神から天使へ ~

」と「小畑健」と言えば、ご存知の通り「DEATH NOTE」と「バクマン。」という二大ヒット作を世に放った、少年ジャンプ史上最強のタッグ。
そんな二人が満を持して筆を取り、ジャンプSQにお披露目の場を移した共作第三弾が、今回ご紹介するファンタジーサスペンス漫画「プラチナエンド」です。

「デスノート」で人間の「生に対する執念」と「正義に対する信念」の両面を描き上げた二人が、カードを「死神」から「天使」へと変えて、今度はどんな世界観を我々読者に示してくれるのでしょうか?

眼病予防や視力回復アイテムあれこれ

眼帯

さて、先般の記事でワタクシが重症の角膜潰瘍を患ってしまった事をお伝えしましたが…

拙者、重症の角膜潰瘍によってあわや失明の危機に!
https://mamologue.blogspot.com/2017/05/prevention-of-eye-diseases2.html

眼科医の指示通りに点眼薬を一時間おきに差すという苦行(?)を二週間ほど続けた結果、なんとか回復するに至った次第です。

同人ゲーム制作サークル「Re:Arium」を応援します

Game Over

いやはや、まさにこういったサークルを探してたんですよ…

商業的に成功しようとしまいと、とにかく、自分たちのアイディアを媒体に落とし込んで形を成す、その「足跡が描くアート」こそが、こういった同人サークルの原点にして醍醐味なのだと思います。

それでは、いつもより2.15倍(当社比)ほど意気込んで紹介させて頂きます!!

竜馬を斬った男

坂本竜馬

日本の歴史、特に幕末の動乱期を語る上で必ず名前が挙がり、剣豪・宮本 武蔵と並んで世界に知られる人物、坂本 龍馬(竜馬という表記は昭和になってから定められた常用漢字での表記)。

Alicematicの新刊「Under the Air」がリリース!!

来たる6月11日、宮城県仙台市で催される地方コミックマーケット「杜の奇跡26」に於いて、ワタクシが応援する出版企画サークル「Alicematic」が新刊をリリース致します!!