同人ゲーム制作サークル「Re:Arium」について

いやはや、まさにこういったサークルを探してたんですよ…
商業的に成功しようとしまいと、とにかく、自分たちのアイディアを媒体に落とし込んで形を成す…
その「足跡が描くアート」こそが、こういった同人サークルの原点にして醍醐味なのだと思います。

それでは、いつもより1.5倍ほど意気込んで紹介させて頂きます!!

その名は「Re:Arium」!!


【抜粋】
このサイトは、同人ゲーム制作を行うサークル「Re:Arium」のサイトです。
楽しんで貰えるゲームを作るために、一生懸命制作中です。

えーと、意気込んでおいて恐縮ですが、サークル名の読み方が分かりませんww
リアリウム」でよろしいんでしょうかね??

で、(おそらくは)結成されたばかりのサークルである、このRe:Ariumが現在開発中のゲームが、こちらの「BLACK KNIGHT」です。

拙者
「デジゲー博2017」は11月12日開催です
【デモプレイの動画】

ご覧の通り、チェスの駒をモチーフとした小綺麗なシューティングゲームなのですが、こういった「スクロールしない系」のアクションゲームって、実は意外に少ないんですよね。

もちろん、シューティングゲームの元祖である「スペースインベーダー」や「ギャラクシアン」も画面がスクロールせずに落ち着いて遊べるゲームでしたが、その後に続く「ゼビウス」(縦スクロール)や「グラディウス」(横スクロール)の登場で、世のゲームシーンは一気に目の疲れを加速させる事となりました。

なので、こういった落ち着いて遊べる懐かしい感じのゲームを、現在のグラフィック技術で小綺麗にまとめるのは、「懐古であり、進化でもある」と言えるのかもしれません。

既にお馴染みの同人サークル「Alicematic」と同様に、この「Re:Arium」も長い目で見守りながら応援していきたいと思います。


EmoticonEmoticon