鬼滅の刃 -解説と感想-

[鬼滅の刃] ブログ村キーワード


~大正剣戟奇譚~

週刊少年ジャンプ史上に於いて、刀剣で切り結ぶ場面を主題として描かれた、いわゆる剣戟漫画は「るろうに剣心」「BLEACH」以外にも少なからず存在しました。
しかし、その二作品ほどヒットした例は記憶に無く、ある意味では、そのジャンルに挑む事は漫画家にとっても編集部にとっても「賭け」なのではないかと思われました。

特に、ここ1~2年は料理や相撲、ダンスといった「ジャンプらしからぬジャンル」の台頭が著しく、それはまるで、かつてコンピューターゲームの王道であったシューティングゲームが、年毎に彩りを増す他のジャンルに追い落とされて、遂には全く見かけなくなった過程を再現しているかの様子です。

「時代と言われればそれまでだけど…少し寂しいなぁ…」

そう思っていた矢先、本年初頭から連載が始まった「鬼滅の刃」(きめつのやいば)は、既に使われていそうで実は滅多に見かけない大正時代を舞台とし、緻密な絵柄と躍動感溢れる立ち回りを融合させた意欲作として瞬く間にファンを増やし、今や掲載順位の中位を争う存在となっています。



~第1巻~



【解説】
時は大正時代、とある山奥の寒村。
六人兄弟の長男として生を受けた少年、竈門 炭治郎(かまど たんじろう)は、亡き父の代わりに家計を支えるべく、麓の町で木炭を売り歩いて日々の糧を得ていた。

ある日、炭を売り終えて家路に着くと、そこには血まみれで息絶えている家族の姿があった。
唯一人、辛うじて息のあった妹、禰󠄀豆子(ねずこ)を医者に診せようと背負って山を駆け下りるが、妹は獰猛な「鬼」と化した状態で目を覚まし、鋭く伸びた爪と牙で兄を襲う。

そこへ、時代錯誤な「刀」を持った男、冨岡 義勇(とみおか ぎゆう)が現れ、世の中には人を殺して喰らう「鬼」が居ること、自分は鬼を殺す事を生業としていること、そして、妹は鬼の血を浴びてしまった事により自らも鬼と成り果てたことを告げる。

必死の懇願と説得により、なんとか妹を殺されずに済んだ炭治郎であったが、鬼に復讐するにせよ、妹を人間に戻す方法を探すにせよ、関わった以上は知識と力を身に付ける必要があると判断した冨岡に、ある一人の老人を訪ねるように指示される。

【感想】
東京喰種:re』の方でも述べましたが、未だ読んでいない人の為に極端なネタバレをしないように配慮し、なおかつ、作品の魅力を的確に伝える文章を書くのは本当に難しいものです。
なので、既に本作を読んだ方から見ると「ちょっと説明が足りないんじゃない?」と思う部分があるかもしれませんが、そういった逡巡の結果ですので何卒ご容赦下さい。

さて、シリアスな展開と緻密な絵柄で確実にファン層を増やしつつある本作品。
そのシリアスな雰囲気を醸成しているのは、主人公である炭治郎自身に他なりません。

『家族を殺された主人公が復讐の旅に出る』というプロローグは、昭和の昔からマンガや特撮ヒーローの定番ではありました。
しかし、この作品の主人公は「田舎の勤勉な少年」であり、特殊な一族の末裔やら特殊なアイテムの適合者として覚醒する…といった、いわゆる「チート設定」などではなく、山奥の厳しい環境下での純然たる修行の成果として強さを獲得していく様子が、多くの読者の胸を打っています。

本巻最大の見どころは「鬼殺隊」の隊士を選抜する最終試験への参加条件として、師匠である鱗滝 左近次(うろこだき さこんじ)が提示した「岩を斬る」という試練を見事に達成した場面でしょう。

【Costume players】

~第2巻~



【解説】
「鬼殺隊」の隊士を選抜する最終試験に見事に生き残り、隊士の証である特別な刀「日輪刀」を手にした炭治郎は、いよいよ初の任務へと向かう。

三人に分身した上に、壁や地面から自由自在に出入りする特殊な能力を持った「異能の鬼」に当初は苦戦していたが、途中で目を覚ました禰󠄀豆子の予想外の強さに助けられ、辛くもこれを撃破する。
しかし、禰󠄀豆子を鬼に変えた張本人である鬼舞辻 無惨(きぶつじ むざん)については何も聞き出す事ができず、今一度、強い怒りを覚えて次の土地へと向かう。

次なる任地、東京府の雑踏の中で、炭治郎は家族の仇にして「最初・最強の鬼」である鬼舞辻と偶然にも遭遇するが、力だけでなく知略にも長けた鬼舞辻の機転によって、炭治郎は刀を抜く間も無く警察官に取り押さえられそうになる。

そこへ、「幻覚」の術を操る女の鬼が現れて炭治郎の窮地を救ったばかりか、特定の条件を提示した上での協力を申し出る。
禰󠄀豆子を人間に戻す為の貴重なデータに成り得る、その「条件」を快く飲んだ炭治郎であったが、鬼舞辻が差し向けた二人の鬼の強襲に遭い、再度の危機を迎える。

【感想】
本巻は見応えのあるアクションシーンが多く、一言で「これぞ!」と表すのが難しい、内容の濃い一冊となっています。
なにしろ、ストーリーが「選抜試験合格!」→「隊服と刀の支給」→「最初の任務を辛くも達成!!」と順当に流れてきたのに、次にいきなり「ラスボスに遭遇!!!」などと急展開してしまったものですから、「ひょっとして、打ち切りが決定したのでは!?」などと心配になってしまいましたww

そんな中でも、ファンをホッと安心させた1ページは、見事に選抜試験に合格した炭治郎がヨロヨロになりながら師匠と妹の待つ狭霧山に戻った際、二年もの間、眠り続けていた禰󠄀豆子が目を覚まし、元気よく炭治郎を出迎えたシーンでしょう。

そして、もう一つのヤマ場は、炭治郎が鬼殺隊の剣士である事を察した鬼舞辻が人混みに紛れて逃げようとした際に、たとえ此処で取り逃がそうと、せめて鬼舞辻の心に杭を打ち込んでおくかのように炭治郎が叫んだセリフです。

「地獄の果てまで追いかけて 必ずお前の頸に刃を振るう」

【Costume players】

~第3巻~



【解説】
「最初・最強の鬼」である鬼舞辻が差し向けた二人の刺客が操る特殊能力「血鬼術」に翻弄され、満身創痍になりながらも、当面は味方となった珠世と愈󠄀史郎の協力によって辛くもこれを撃破した炭治郎は、「十二鬼月」と呼ばれる鬼舞辻直属の鬼の存在を知らされ、これを打倒して血液サンプルを採取する事を当面の目標とする。

次の任地への道中、鬼殺隊士を選抜する最終試験で共に生き残った同僚である我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)と合流した炭治郎は、複数の臭いが交わり漂う屋敷から人間が投げ出されるのを目撃し、善逸と共に足を踏み入れる。

この屋敷の主と思われる鬼と遭遇し、交戦しようとするものの、空間操作の血鬼術によって分断させられた炭治郎と善逸は、途中、敵とも味方とも判別がつかない謎の「猪頭」の男と、この屋敷の鬼たちが我先にと欲する謎の子供に遭遇する。

炭治郎と善逸、屋敷の鬼達、猪頭の男、そして、謎の子供…
四者四様の思惑が戦いに混迷をもたらす。

【感想】
最終選別で生き残った他の三人の仲間とは、今後、行動を共にする事もあるだろうという大方のファンの予想通り、その内の一人である我妻 善逸と合流したワケですが、しかし…
拙者
善逸、おまっ、マジかっ!?
もう、本巻の見どころはソレに尽きると思われますww

「下手したら、今後は炭治郎ファンよりも善逸ファンの方が増えるかも??」

そう思わせるのに充分なインパクトではありますが、考えてみればそれも必然というか、なにしろ始まりが悲惨な物語であり、放っておいたらダークな要素ばかりが増えて少年誌という枠から外れてしまうかもしれません。

バランスを取って見せ場に幅を持たせる意味でも、今後むしろ、善逸の演出(?)と活躍が期待されます。

【Costume players】

~第4巻~



【解説】
「元・十二鬼月」である響凱(きょうがい)を倒し、捕らわれていた「稀血」の子供を救出する事に成功した炭治郎一行。
屋敷内で遭遇した謎の「猪頭」の男が、藤襲山での「最終選別」に生き残った仲間の一人である嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)である事が判明し、性格的な問題点を残しながらも行動を共にする事となる。

一行が次の任地である那田蜘蛛山に到着するや否や、何者かに操られた鬼殺隊員達が同士討ちをしている場面に遭遇する。
血鬼術によって繰り出される「蜘蛛の糸」によって操られているという事が判明したものの、それと同時に、群れては行動しない筈の鬼が複数存在する事を察知した炭治郎と伊之助は、全滅のリスクを残しながらも更に山の奥へと分け入る。

辛くも「操り糸」の鬼を撃破したものの、十二鬼月の存在を知らされて更なる窮地へと誘われる炭治郎と伊之助。
遅れて山に入り、奇妙なる「鬼と蜘蛛のキメラ」の攻撃を受けて毒に侵される善逸。

一行のピンチは続く。

【感想】
さぁ、当初はダークな展開から漂う「マイナー感」によって打ち切りが危ぶまれていた鬼滅の刃も、熱烈なるファンの支持によって無事に4巻目の刊行を迎える事となりました。

特に本巻では、ファンの間で度々話題になっていた「他の鬼殺隊員達の姿や動向」が描写されており、それが更なる妄想議論を呼んでTwitter上で大きく賑わっていますww

↓「鬼滅 村田」の検索結果↓
https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%E9%AC%BC%E6%BB%85%20%E6%9D%91%E7%94%B0&src=typd

もう一つ、それまで一応は「人に近い姿」で描かれていた鬼が、本巻で「鬼と蜘蛛のキメラ」が登場した事によって、鬼にも様々なバリエーションが存在する事が示唆されたのが大きな変化点なのではないかと思われます。

つまり、一口に鬼と言っても外見が「そのまんまのバケモノ」の鬼も居れば、2巻に登場した珠世と愈󠄀史郎のように「ほぼ人間」の姿を保っている鬼も居て、その事が鬼殺隊員達の「現場対応」の難しさを物語っています。

個人的には「鬼の裏切り者」である珠世と愈󠄀史郎が存在するのであれば、逆に「人間の裏切り者」が、首領である鬼舞辻を始めとした鬼達に加担している可能性もあり、その事が千年以上も鬼を全滅させられないでいる原因の一つになっているのではないかと思います。

【Costume players】

~第5巻~



【解説】
通常は群れる事のない鬼達が、「疑似家族」を構成して次々と襲い掛かってくる。
「母親役」と「長兄役」の鬼をそれぞれ討ち除いた炭治郎と善逸であったが、毒に侵された善逸は瀕死の重傷に陥り、炭治郎と伊之助は巨躯にして強靭な肉体を誇る「父親役」の鬼に苦戦する。

途中、投げ出される形で伊之助と分断させられた炭治郎は、この疑似家族の「末子役」であり、事実上の支配者である十二鬼月の鬼と遭遇する。

過去最強の敵と対峙し、過去最悪のピンチに陥った炭治郎が、巡る走馬灯の中で見出した起死回生の奇策とは?
瀕死の重傷を負い、死を覚悟した善逸と伊之助の前に現れた人物とは?

【感想】
本巻では、いよいよ現役の十二鬼月との対面、及び交戦に突入します。
先にも述べたように、炭治郎、善逸、そして伊之助がそれぞれに過去最悪のピンチに陥る訳ですが…
ここではある意味、私達の現実生活の縮図が描かれているように感じられます。

自分ではそれなりの「実力」を培っていたつもりで居ても、自分より遥かに多くの修羅場を潜り抜けてきた本当の「強者」と対面した時に、私達は放心し、思考停止状態に陥ってしまう事があります。
しかし、そこで諦めてしまうのか、それとも諦めずに、それまでの殻を打ち破るべく真摯に自分の過去を直視して打開策を案ずるのか…

絶体絶命の窮地に陥った三人がどうなるのか、是非ともご自分の眼で確かめて下さい。

【Costume players】

~第6巻~



【解説】
鬼殺隊の最上位階級である「柱」の二名、冨岡 義勇と胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ)の参戦によって窮地を救われた炭治郎、善逸、伊之助であったが、鬼である禰󠄀豆子を連れている事を問題視された炭治郎は鬼殺隊の本部へと連行され、柱全員による「柱合裁判」(ちゅうごうさいばん)に掛けられる。

しかし、鬼殺隊の当主である産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや)の提言と采配によって、なんとか処分を免れた炭治郎と禰󠄀豆子は、善逸、伊之助と共に胡蝶の屋敷で療養を受ける事となる。

一方、十二鬼月の「下弦の伍」であった(るい)が鬼殺隊の柱によって抹殺された事を受けて、鬼舞辻は残りの下弦の鬼を全員招集し、粛清を言い渡す。

【感想】
前巻の感想でも触れましたが、この鬼滅の刃という作品には、私達の現実生活の縮図とも言うべき構図が、登場人物たちの険しい顔や厳しい台詞と共に描かれる事があります。

本巻で大きく明るみになったのは、鬼殺隊側、鬼側共に「上には上が居る」という事。

例えば「神技」と呼ばれ人々から讃えられている職人や、「業界のドン」と呼ばれ人々から畏れられている大物と出会った時、私達は、その人がその道に捧げてきた年月や情熱の重さに押し潰されて、思考が停止してしまう事があります。

自分よりも圧倒的に実力が高い者と相対した時、私達は、どうすべきなのか??

「善き大業を成すにも悪しき大業を成すにも、相応の覚悟が必要である」

それが本巻の一大教訓と言えるでしょう。

~第7巻~



【解説】
胡蝶の屋敷での療養と特訓を終えた炭治郎、善逸、伊之助の三名は、「炎柱」である煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)の任務に付き添う形で、人が大量に消えているという列車に乗り込む。

その列車には、鬼舞辻から今一度のチャンスを与えられた下弦の鬼「魘夢」(えんむ)が待ち構えており、強制催眠の血鬼術で炭治郎達をも含めた乗客全員を眠りに落とす。

夢の中という、今まで経験した事がない場所での「戦いにさえならない状況」に四苦八苦する炭治郎達を、意外な人物が意外な方法で起こすが…

【感想】
さて、炭治郎達にとって「戦力差」という意味での過去最大のピンチは、やはり、現役の十二鬼月に遭遇した那田蜘蛛山での戦いであったと思われますが、「状況の異常性」という事であれば、間違いなく本巻が過去最大のピンチでしょう。

なにしろ「○○○が×××で起こさなかったら確実に全員死んでいた」という状況ですww

ともあれ、大正時代という設定だけは微妙でツッコミどころが残るものの、独特のクセのある登場人物たちが最初はケンカしながらも、より強大な敵と立ち向かう為に自分の役目を理解し、一致団結する…というジャンプ漫画の王道が最大限に反映されている本巻は、末永く本棚に残しておきたい一冊です。

個人的に最大の見どころだと思う場面は、善逸が禰󠄀豆子のピンチを「霹靂一閃 六連」で救った際に言ったセリフ、
「禰󠄀豆子ちゃんは俺が守る」(キリッ)
ですね!!
拙者
善逸よ…今度はシラフの時に言おうな?
ちなみに、本作品の原形となっているのは『第70回 JUMPトレジャー新人漫画賞』で佳作を受賞した「過狩り狩り」(かがりがり)という作品であり、こちらは現在でも少年ジャンプ公式サイトに於いて無料で閲覧する事ができます。

『過狩り狩り』 吾峠呼世晴(24) 福岡
http://www.shonenjump.com/j/manga-shou/treasure/comics/130624/kagarigari.html

当初の敵は「鬼」というよりも、どちらかと言えば「吸血鬼」に近い設定だった様子ですが、太い線と細い線を効果的に使い分けた独特の絵柄は、現在まで継承されています。

Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル

メーカー:Amazon
発売日 :2016/10
媒体  :タブレット


EmoticonEmoticon