FRINGE(フリンジ)≪THE FIRST SEASON≫

6年(本国アメリカでは8年)も前のドラマDVDであり、ストーリー自体は「よくある話」なのですが、役者の演技がなかなかに光っていて観応えがあったので、ここに紹介申し上げます。


FRINGE / フリンジ
〈ファースト・シーズン〉Vol.1

主演:Anna Torv(アナ・トーヴ)
2006年 ワーナー・ホーム・ビデオ

第1話「フライト627」 あらすじ

【ダイジェストムービー】

ボストンの空港に着陸した国際線旅客機627便の乗客、乗員全員が「おぞましい死体」となって発見された。
FBI捜査官であるオリビア・ダナムが捜査に加わるが、その過程で相棒のスコットが瀕死の重傷を負ってしまう。
彼を救うために「アインシュタインの後継者」と呼ばれるウォルター・ビショップ博士を探し出し、協力を要請するが…

一方、この事件には巨大企業「マッシブ・ダイナミック社」の関与が疑われたが、捜査が進むにつれ、オリビアは更なる巨大な脅威の存在に気付く事となる。

解説と感想

1999年に公開された「マトリックス」(The Matrix)がストーリーの革新性に於いても、また、演出や撮影の技術に於いても、過去に類例を見出し得ないほどの完璧なる作品であった為に、逆にそれ以降、アメリカ映画のみならず、世界のSF映画界は「新しいもの」を創り出せずにいました。

本作「フリンジ」(FRINGE)も、ストーリーだけを評するなら「Xファイル」の焼き直しである感は否めません。

しかし、そう指摘される事は御承知といった感じでストーリーは淡々と進み、盛り上がりの部分は役者の演技力に懸ける格好になっています。
それならば確かに、アナ・トーヴとジョシュア・ジャクソンの起用は正解と言える内容で、黒幕云々よりも、主人公の次の行動に注目して自分もその場にいるかのように臨場感を高めるのが、本作品の楽しみ方だと思われます。

ちなみに、このアナ・トーヴという人物は映画俳優だけでなく声優としても有名で、人によっては本作よりも、プレイステーション3用のソフト『Heavenly Sword ~ヘブンリーソード~』のナリコ役の方でご存知かもしれません。

FRINGE/フリンジ〈シーズン1-5〉
コンプリートDVD BOX Soft Shell
(初回限定生産/50枚組)


販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2014/09
媒体 :DVD


EmoticonEmoticon